HCI祭2014の概要

セッション割り当てを5月28日朝8時から順次解禁していきます。

HCI祭2014とは

北の大地でHCI (Human-Computer Interaction)について熱く語り合う会として、HCI祭を開催することとなりました。

昨年度まではCHI勉強会という名前で開催していましたが、新たな展開を目指して心機一転、HCI祭と名前を替えました。…が、幹事の怠慢で結局、今年は例年通り国際会議CHI2014の全貌を把握するための勉強会とすることとなりました。

HCIは大きな分野であり、それに伴いCHIも大変大きな会議となっています。ですので、個人で全貌を把握するのは困難です。そこで、参加者全員で協力し、CHI2014の全論文を1論文30秒で紹介していきます。この勉強会に参加することで、おぼろげながらも全体像を把握することができ、興味のある論文に目星を付けることが容易になります。

時間が限られているため、主な議論はTwitter上で行うこととします。ハッシュタグは#hcif14を利用します。また、スライドと連動して論文要約をTwitterに自動配信するぴぴついを利用します。スライド準備でお手数をおかけしますが、ご協力お願いします。

開催概要

開催日: 2014年6月29日(日)
開始時刻: 9:00〜16:00
会場: 公立はこだて未来大学 大講義室(本棟の3階)
スライド提出期限: 2014年6月23日(月) 午前10時00分

参加方法

参加希望の方はまでメールを送ってください。こちらから、一両日中に確認の返信をいたします。

件名は「HCI祭2014参加希望」にしてください。 本文では、名前、所属、メールアドレスを明記してください。

基本的に、参加者は発表に協力してください。担当するセッションを選んでいただき、発表スライドを作成してください。空いているセッションは、割り当て表より確認できます。スライド作成に関しては、スライド作成要領より確認できます。なお、セッションの割り当ては基本的に早い者勝ちなので、参加表明に対する返信を待たずに、割り当て表に記入してください。

過去の開催に関するページ

栗原一貴さん(ぴぴついを作った人。当時、東大大学院生)の呼びかけで2006年からCHI勉強会がスタートしました。

2011年までは東京だけで開催されてきました。が、北海道からはなかなか参加しづらいので、はこだて未来大学と北海道大学の有志中心に、2012年から北海道でも開催するようになりました。東京本家の勉強会は、明治大学中心で開催されています。今年からはJAISTでも開催されるそうです。

CHI2013勉強会(北海道大学)
CHI2013勉強会のまとめ
CHI2013勉強会(明治大学)
CHI2012勉強会(未来大学)のまとめ
All.CHI'12(第7回CHI勉強会)
CHI'11勉強会

メニュー
HCI祭2014の概要
発表形式
スライド作成要領
割り当て表
プログラム